Co Shu Nie – Supercell Lyrics

僕をつくる機械からいつも雷鳴のような音が鳴り響いていた
身体を引き裂く稲妻

産まれた僕はただ仕分けされていく
キレイにラッピングされて【少数派】と貼られるのだ

包装紙とリボンで結ばれたって
生きてる自覚は絶やさずに燃やすの

体まで焦がすような稲妻が跡を落とす
その時を待っている 今

Hook hook ≒ echo
Supercell

知らない誰かにとって都合のいい情報に操作されて生きるつもりはないな
カテゴライズされていくごとに心が名前に縛られてはいない?

答えはいらないの 僕はなにものでもない
はりつめたただの混沌

もう おだまり
傍観者はいらん

カミナリを撃てよ君の心に
世界に順応してやるものか

答えはいらないの 僕は何者でもない
もがいてるただの混沌でいたい

Hook hook ≒ echo

心を解き放つ雷鳴を響かせる
その時はすぐそこだ 身体を引き裂け稲妻

Hook hook ≒ echo
Supercell

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *